【主婦の再就職】面接は怖い?緊張しないための対策とは

主婦は面接は怖い? 仕事のこと

再就職を目指す際に、「面接が怖い」と思った経験がある方は多いのではないでしょうか。

重要な場面だからこそ緊張してしまうものです。

特にブランクがある主婦にとって、面接は非常に重要です。ブランクの理由を説明したり、現在のスキルや前向きな気持ちをアピールする必要があります。

しかし、力を発揮するためにはリラックスして臨みたいですね。

今回は、面接での緊張を和らげる方法をご紹介します。

面接は緊張するもの

面接の緊張

面接にはなるべく緊張せず臨みたいですね。

しかし、どんな人でも少なからず緊張してしまうと思います。

なぜなら、面接はライフプランに関わる重要な場面だからです。

「受かりたい」という思いが強いほど、プレッシャーが大きくなり、余計に緊張してしまうでしょう。

また、初めて会う人と普段は話さないことを話す、という状況であることも緊張につながります。

特に、ブランクのある主婦に中には、プレッシャーや慣れない状況への不安が大きい方がいるのではないでしょうか。

少しでも緊張を和らげるために、できる限りの対策をとることが大切です。

緊張を和らげる対策

主婦が緊張を和らげるための対策

定番の質問には回答を準備して練習しておく

面接には定番の質問があります。志望動機や自己PRです。

また、ブランクがある方は、理由やその間にしていたことを聞かれることが多いでしょう。

このような定番の質問には、しっかり回答を準備しておくことが大切です。

そして、本番でスムーズに話せるように練習しておくことも必要です。

声に出して繰りかえし練習しておきましょう。

その際、回答を丸暗記する方法は避けるようにします。

面接で臨機応変に対応できるようにするためには、要点を意識して話す練習が効果的です。

定番以外の質問もあることを知っておく

面接では、定番以外の質問をされることもあります。

定番の質問には練習の通り話せても、思わぬ質問をされた時に一気に緊張して固まってしまう、という方もいます。

「予想外の質問もある」ということを知っておくだけでも、本番で慌てないで済みますね。

予想外の質問をされた場合は、素直に受け答えすることを心がけましょう。

ミスを気にしない

ミスをしてはいけないという思いが強いと、余計に緊張してしまいます。

「絶対にミスをしてはいけない」と思う必要はありません。

それよりも、「相手の話をきちんと聞き、誠実に答えること」を意識しましょう。

また、たとえミスをしてしまっても、素直に伝えて言い直すことができればOKです。

逆に「ミスをしてもリカバリーできる人」という好印象を与えられるかもしれません。

ゆっくり話す

緊張すると、自然に早口になってしまう方は多いでしょう。

逆に、話し方や動作をゆっくりすることで、気持ちを落ち着かせることもできます。

面接中は、ゆっくり話すことを心がけましょう。

また、受付や入室、着席などの動作についても慌てず行うことを意識してみてくださいね。

落ち着いた話し方や動作は、印象も良くしてくれるでしょう。

場数を踏む

場数を踏むということも非常に大切です。

私も初めてのパート面接はボロボロでした。準備不足で緊張も増していたと思います。

失敗したり緊張してしまったりした原因など、経験しないと気づけないものもありますね。

怖いと思っていた面接も、経験を積んでいるうちに慣れていけるでしょう。

まとめ

再就職を目指す主婦にとって、面接は大切な場面なので、どうしても緊張してしまいますね。

緊張を和らげる対策をしましょう。

面接前は繰り返し練習し、本番ではゆっくり話すことを心がけることが大切です。

また、ミスを気にしないように意識したり、経験を積んだりすることで、面接が怖くなくなっていくでしょう。

なるべくリラックスした状態で力を発揮できると良いですね。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました