【主婦の再就職】面接の服装は?スーツがない時の対策も

主婦の面接の服装 仕事のこと

主婦の再就職に向けた活動中、大切なのはずばり面接です。

しかし、いざ面接となったとき、服装に悩む方は多いでしょう。

ブランクのために似合うスーツがなかったり
私服を指定されたりした場合は、特に悩みますね。

今回は、面接時の服装についてご紹介します。

面接は職場にあった服装で

面接は、職場に合った服装で臨みましょう。

基本はスーツ

面接を受ける時の服装は、基本的にはスーツです。

社会人としての服装の基本はスーツ、と考えられているためです。

特に、事務などのオフィスワーク、公務員、医療系などの場合はスーツが望ましいでしょう。

スーツで面接に臨む際は、手持ちのものでも事前に試着しておくのがおすすめです。

ブランクのある場合は特に、サイズ感やデザインが今の自分に合っているかを確認しましょう。

「私服で良い」と言われた場合

主婦の面接でスーツがない場合

主婦のパート面接では、「私服でお越しください」と言われることがあります。

この場合はスーツ以外でも問題ありません。

しかし、「普段通りの服装」ではなく「ビジネスカジュアル」で行くのが望ましいでしょう。

「ビジネスカジュアル」とは、スーツからカジュアルダウンした服装ことで、「ジャケット+ブラウス+スカートまたはパンツ」というスタイルが一般的です。

他にも、カーディガンやひざ丈のワンピースなどでも良いとされています。

派手な色や柄・露出の多い服装はNGです。

また、マキシ丈のスカートやロング丈のカーディガンなども、リラックス感が強いので避けましょう。

ビジネスの場にふさわしい清潔感が大切です。

スーツを持っていない場合

主婦の面接で私服の場合

スーツで面接に臨みたいけれど、スーツが手元にない、準備する時間がない、という方もいるのではないでしょうか。

そんな時も、「ジャケット+ブラウス+スカートまたはパンツ」というビジネスカジュアルがおすすめです。

ビジネスの場ににふさわしい、品のある印象を与えられるデザインのものを選びましょう。

面接時の髪型と小物にも注意

面接時の髪型と小物についても、服装と同じように清潔感が大切です。

髪型

面接に臨む際は、清潔感があり、すっきりとした髪型を心がけましょう。

顔に髪がかかってしまうと、表情が隠れてしまいます。

表情は明るく見えた方が良いので、髪が長い場合はゴムで束ねましょう。

前髪が長い場合もピンでとめたり耳にかけたりするなどの工夫が必要です。

また、職場によってはヘアカラーがマイナス評価になることがあります。

落ち着いたカラーにトーンダウンしておくと良いでしょう。

かばんは、形や色がシンプルなものを選びましょう。

また、履歴書を持っていったり、資料を受けとったりすることがあるので、折らずにA4サイズが入る大きさが望ましいです。

靴は、服に合わせて選びます。

スーツやビジネスカジュアルの場合は、パンプスやローファーを合わせるのが一般的です。

シンプルなデザインで、3~5㎝のヒールが良いでしょう。

私服の場合は、バレエシューズなどのヒールがないものでも良いかもしれません。

どの場合も、面接前にきれいにしておくことが大切です。

汚れやかかとの擦れは目につきやすいので気を付けましょう。

まとめ

主婦の再就職において面接は重要です。服装にも気を付けましょう。

スーツが基本ですが、場合によってはビジネスカジュアルでOK。

大切なのは清潔感です。

準備をしっかりして、面接に臨みましょう。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました